所属おきなわ美少女 2009年10月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば

沖縄には、多くの珍しい童貞があります。県外の皆さんは「苗字」と聞くと、なにを思い浮かべますか?「鈴木、田中、中村、渡辺」などが一般的でしょう。今パソコンの前にいるあなたも、ひょっとしたら上の苗字かもしれませんね。

ところが、沖縄の乱交的な苗字は違います。よく見かけるのが「比嘉(ひが)、金城(きんじょう)、上原(うえはら)、平良(たいら)」などです。

特に苗字に「城」という字が入る人はよく見かけます。「山城(やましろ)、玉城(たましろ)、宮城(みやぎ)、城間(しろま)」など・・・。思い当たるだけでもこーんなにあります。「私は金城、あなたも金城、そしてあなたの隣も金城さーん!」なーんて事も・・・。また、診察待ちなどで、「金城さん」を呼ぶと、たくさんの金城さんが振り向くことでしょう。

スポンサーサイト

何だか怖いっす

専門家の間にも、ユタによって「精神的安定」が得られ、それが沖縄人の長寿の秘けつの一つとする見解さえあるようだ。

ユタに見てもらうことを「ユタ買い」という表現をする。
沖縄の精神科医は、患者さんにユタを薦めることもあるという。こういう逆援助を「医者半分、ユタ半分」という。

お医者さんも、その効果をある程度認めているからこそ薦めるのだろう。

ユタの存在に対して否定的な見解をもつ人々の多くは、祖先の祟(たた)りをことさらに強調し、人の心を畏怖(いふ)させることを問題とする。

だが近年は学者の間でもユタに対する逆援的な意見が多くなってきつつある。
たとえば1997年の多文化間精神医学会のシンポジウム「癒しと文化-土着の中の普遍」では、沖縄土着の癒しの三つのキーワードの一つにユタの「判じ」を挙げ、ユタある意味で地域の精神保健を担っていたという意見も出ていた。

オーディション
美少女アイドル
プロフィール

gakkigaki

Author:gakkigaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。